<重要:お知らせ>

メールの不具合が発生しております。7月10日~11日夕方にかけてお問合せを頂いた方は、当社にメールが届いていない可能性がございます。お手数ですが当社からの返信がない場合は、お手数ですが再度御連絡を頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。


<注意>当社および当スクールはメディカルアロマではなくあくまでも医療の補助的療法として医師の管理のもとアロマセラピーを実施しております。

医療と間違うように誘導したり医師不在のサロンや個人教室でアロマを医療行為のように実施するメディカルアロマ行為は致しません。

介護現場で実務研修をしながら、介護現場で活かせる専門性の高い、データが豊富な高い知識と技術を学びます。

介護現場で活躍・差別化できる介護アロマセラピストに!

癒やし、リラクゼーションのアロマに加え、認知症予防や高齢者へのアロマケアができるヒトを介護アロマセラピストと言います。

通常のアロマセラピストとは異なり、介護現場へのよりより介護環境を作りあげることが出来ます。高齢者ご本人だけでなく、ご家族、介護職員へのアロマケアも可能なため、自宅、介護福祉施設等で活躍することが出来ます。もちろん介護専門のサロンも独立開業することが出来ます。

国家資格取得者、介護職の方以外でも活躍できる分野なので、子育て中、子育て後などお仕事から離れている方でも十分習得できる新しい分野の資格です。


目的・結果を期待したアロマが提供できます。

比較的お元気な高齢者対象(デイサービスなど)にハンドマッサージして楽しい時間を提供するだけでなく、認知症予防や認知症ケアとして芳香療法、臨床介護アロママッサージとして様々な症状を緩和したり(BPSD、痛みなどの対応)、緩和ケアや看取りへのアロママッサージなどなど初期~重度認知症などへ可能です。

ご家族へのケアが出来、お元気な高齢者のハンドマッサージだけではないのでボランティア・社会貢献や仕事の幅も広がります!

 

様々な足の方がおられます。

ひどいむくみの方、痛みがある方、しびれがある方、それぞれ

アロマでケアしていきます

 


足浴したり、拘縮を緩和したり、できる事は積極的にするのが介護アロマセラピストです。(病院・施設との相談のもと実施しています)



介護アロマセラピストができること!

1.介護アロママッサージ

ハンド、フット、フェイシャルなど癒やしのタッチケアから体の痛みや各種認知症周辺症状へのアロママッサージが出来ます。不穏や徘徊などが軽減

2.クラフト作りを教えたり、レクレーションとして実施することができる。

レクレーション、リハビリとして香りを使ったクラフト作りで様々な応用が出来ます。

3.地域で介護アロマ教室として講師活動ができる。行政や地域企業、近隣の施設など活動の場はたくさんあります。

ヒトに伝えることができるセラピストになることが出来ます。


 

4.介護アロマセラピストたちで

「認知症予防イベント」「認知機能チェック」「アロマの見える化」などイベントをすることが出来ます。地域活動の一環です



介護アロマセラピストに必要なスキル

1,アロマセラピーの概要や精油の基礎的知識

2,高齢者に特化した施術方法(施術:アロマトリートメント)

3,介護現場で実施するアロマ概要(施術のみではなく、施設や家庭で実施できるアロマ方法)

4,MCIや認知症についての知識

5,高齢者や認知症の方とのコミュニケーション方法(会話、対応の仕方)

6,介護アロマについてのデータや論文等の知識(気持ちいい、癒やしだけでは自己満足や事故のもと)

当スクール講座案内詳細はこちら


 

 

スクール内で健康な方どうしで実技レッスンを受けただけでは介護アロマは出来ません!

うつ伏せができない、皮膚、骨がもろい、車椅子のまま、手は拘縮している、皮膚は静脈が浮いている!内出血が!などなど受講生同士では練習できないのが現状です。

そのため納得するまで実務研修が必須です。


当社の介護アロマの大きな特徴


1,スクール内、机上のレシピやスクール生同士で練習するだけでなく、実際の現場実習が豊富であること。そのまま仕事に繋がる場合もあり。現場実習では、実際に認知症患者様やご入居様へ施術、コミュニケーションを取っていただきます。車椅子のまま、杖をついた方などいろいろな場面があるため卒業後の勉強になります。講師一名は必ず同行します。

 

2,医療現場、介護現場の実際の現場の内容を習得できること。テキストと現場はかなり異なります。テキストで習った精油が使える?費用は?実際に効果はでる?効果をだすには?施設側とアロマセラピストとの関係など様々な実際の現場を学べます。


卒業した介護アロマセラピストの活躍


怪我をしているヒト、皮膚にトラブルがあるヒト、精神的に不安定なヒト、じっと座っていることができない、攻撃してくる、自傷行為をする・・・いろんな方々がおられます。施術だけでなく、その対応も現場でしっかり学びましょう。

※左画像:乾燥のためかきむしりあり



新人セラピストへのチャンスが豊富

卒業後、すぐには仕事には繋がらない方、どうやってアロマセラピストとして営業したらよいのかわからない方や自分では営業なんて・・・という方には当社で活躍の場を提供することが出来ます。

病院、介護施設が多いのですが、短時間から初めて頂き、デビューすることが出来るのが当社の大きな特徴です。

そのまま引き続き仕事として入られる方、独立される方いろいろですがはじめのうち色々と場所を提供することができますし、施設との契約も当社が行うので難しいことはなく、アロマだけに専念することが可能です。

介護施設でリハビリの代わりにアロマクラフトをやってみたい!という卒業生のために老人ホームに交渉し仕事として入っていただけるようになった例です。安全性の確保、同意書作成などの指導を行い、あとはご自身で準備して頂きます。すきなようなメニューを組んで頂いてOKです。



第20回日本認知症ケア学会大会 認知症ケア学会ポスター発表

高齢者施設や介護アロマセミナーとして流行っている「介護アロマ(認知症アロマ療法)」ですが、これって単なる芳香でよいの?嗅覚が衰えてきた方、ニオイが分からない方にどうやってアプローチしたらよいの?芳香だけではトレーニングにならないですよね?アロマをやりたいけどどうやって?などなど多くの質問を頂きました。

従来の自律神経を整えるアロマセラピーでも有効だと思いますがさらに積極的に「嗅覚」を鍛えていく方法を発表しました。嗅覚の訓練はしたいけど具体的にどうやって?と言う方にぴったりな嗅覚トレーニングです。トレーニング(嗅覚のリハビリ)でも良いですし、まずはレクレーション、香り当てゲームなど楽しみながら実施することもできます。



私はサロン併設のアロマスクールをしています。それなのに、なぜこちらのスクールを受講したかというと、医療従事者ではない私が「医療機関でアロマを提供する」という夢を実現するためには臨床アロマも学んだ方がいいと思ったからです。

そして一番の魅力は現場での経験ができることでした。学ぶだけでは身につきませんので現場で活かすことができるのはとてもありがたい事です。デイケアでのハンドトリートメントは経験済みですがこちらのスクール現場研修させていただき、リラクゼーションアロマと臨床アロマの違いを思い知り勉強になりましたしとても興味深い内容でした。知識や技術はもちろんですが経営者としての学びも大きいです。今回こちらのスクールでお世話になり、私の新たな課題も見えてきました。イチロー選手の引退会見の言葉「少しずつの積み重ねしか自分を超えていけない」ではありませんが私も目の前の仕事ひとつひとつ、小さな積み重ねを地道に続けてアロマセラピーと医療を結ぶプロフェッショナルになるための努力をしようと改めて思う事でした



 

以前から「香りと認知症予防」「香りの検証」などでいろいろお世話になっている行政でのフェスティバルに参加です。健康ブースでは血圧チェック、自律神経チェック、骨密度チェック、あたまの健康チェックなど多岐にわたるチェックサービスが充実。

その中で、企業の発表の場として出展してきまた。もちろん「香りで認知症ケア」「香りで認知症予防」。その中で、今後の商品開発のためある4つの香りのモニターにもご協力頂きました。アロマを知らない市民(特に高齢者)のダイレクトな声で、とても面白いデータが集まり非常に有効な出展。香りの効果効能はなにもお伝えせず、直感で選んで頂きました。好きに偏った精油、きらいに偏った精油、好きと回答した方、きらいと回答した方が半分半分で好みがとても分かれる精油などがわかりました。これは社内でいつも精油や香りに慣れしたしんでいるセラピストではあり得ない回答でした。

当スクール卒業生たちも大活躍で、認知症アロマ療法の説明、嗅覚のメカニズムの説明など声がかれるほどお話しました。これらの実績が自分自身で開催するセミナーなどに生きると思います。

当社では「りすくりあの会」に登録していただくと、このような実践の場に参加することが出来ます。(卒業生優先)


 

認知症とアロマ、嗅覚について、香りを嗅いでどうだったか・・・などなど介護アロマセラピスト講師としてレクチャーです。

シニアの方や社会福祉協議会の方々にも受講して頂きました。新しい認知症予防法として嗅覚に着目です。アロマシールの購入者もあり、活発なご意見も頂きました。

 

介護アロマセラピスト講師として活躍

 

介護アロマセラピストとしてクリニック内で患者様に認知機能テストを実施したり、アロマトリートメントを実施したり、イベントを実施しました。

定期的に実施することによって、患者様の集いの場になりますよう頑張っています


 

手ごね石鹸を作りました。粉石鹸をベースに、カラフルな石鹸も準備して、精油を選択して好きな形にしていきます。

どんな形にしようか、どんな香りにしようか、どんな色を使おうか・・とても楽しみながらアロマに親しんで頂きました。

 

生命保険会社でも介護アロマセラピストとしてお仕事がたくさんあります。

クラフト作成や認知症アロマ療法についてお話やセミナーしたり、認知機能テストをしたり♪

 

病院や介護施設だけではありません。いろいろな企業内でも介護アロマセラピストとして活躍しています

 

阪神健康メッセで、認知症予防についてセミナーを実施です。

MCI専門士を勉強して同席しました。

セミナーのあとは、認知機能テストを実施して、ご参加された方々の現段階のあたまのチェックを実施。

介護アロマセラピストたちは、認知症予防について個別にお話していました。

 

認知症テストを実施して認知症について、認知症予防について、アロマについてなどを出展ブースで市民のみなさんに説明です。

はじめての方もドキドキしながらうまく説明できました。

何事も経験です。

 

特別養護老人ホーム内での介護アロマです。

本日は、ご家族やご入居様もアロマをご利用いただける日です。介護疲れのご家族様や日頃からアロマを受けているご入居様も一緒にアロマを受けていただけます。

介護アロマセラピストたちは交代で実施します。

 

有料老人ホーム内での介護アロマです。

朝からフル活動でご入居様をアロマケアしていきます。認知症の方、手が出る方、足が出る方、言葉、対応一つで状態が変わります。

熟練した介護アロマセラピストだから安心して任せられます。

日頃はOLとして仕事をしている方もダブルワークとして活躍中

 

リウマチで関節が痛む方へのアロマも介護アロマセラピストの仕事です。

アロマをすることで痛みが軽減したり、痛みによるイライラなどが治まる方がおおく折られます。

むくみもとれ、足が軽くなり、この後のリハビリがしやすくなります。

介護アロマセラピストの重要な役割です

 

イベントでも介護アロマセラピストたちが活躍です。

アクティブなシニアの方対象のイベントです。今回はハンドマッサージブースを出展して来場される高齢者(お元気な方)に対してハンドマッサージです。

「こんなんはじめてやわ~」「気持ちええわ~」など嬉しい声が重なります。

 

介護アロマセラピストたちが、介護福祉学会でデビューです。

ご来場の方々に認知症アロマ療法について説明です。

 

いままで習ったことをアウトプットする良い機会です。


 

介護アロマセラピストは、アロマトリートメント、アロママッサージだけではありません。

施設内やご自宅のニオイの問題や感染症対策もアロマで重要な仕事です。

 

精油の薬理作用を使って施設内を芳香しています。

悪臭が軽減されたり、抗菌作用により風邪をひく方が少なくなったりと大活躍です

 

精神病院併設の老健でのアロマです。

定期的に訪問する介護アロマセラピストたちです。

対応の仕方、コミュニケーションの仕方、もちろん介護アロマセラピストとしての知識と技術を磨きながら訪問です。

特に重度の認知症の方とのコミュニケーションは難しく、激しく拒否をされたり、幻覚幻聴などがあったりと症状が様々ですが介護アロマセラピストたちは頑張って勤務しています

 

介護アロマセラピストは、介護施設だけでなく、障害者施設にも訪問します。

ハンドマッサージ、フットマッサージ、肩や首、背中、顔なども座位のまま施術できるのが介護アロマセラピストなのでとても上手です。

もちろん不穏や不安、興奮状態の方にも香りの芳香でケアをしていきます。


 

行政で介護アロマについて講習会実施。

認知症アロマ療法や具体的な香りの嗅ぎ方などをゲーム形式で実施。

多くの方々に参加していただき、喜んで頂けました。

 

介護アロマセラピスト講師として活躍


介護アロマセラピストとしてお仕事をしていくには

アグライア・クリニカルアロマティックラボ株式会社では、多くの医療機関や介護施設、薬局等と臨床アロマとして取引があります。

特に介護施設では1,500件の取引先があり、介護アロマセラピストたちが訪問して活躍しています。

また、介護専門サロンとして独立開業している方も大勢おられ、「認知症チェック」「認知機能テスト」「貼るアロマシール」などサロン専用の商材などを取り入れながら差別化ができています。(アロマの見える化)

 

自分で探す、あるいは自分で探すのが難しいという方は当社への登録もあります。どんどん導入施設は増えていっているのでますます活躍できる資格であると思います。


登録しよう・求人・ボランティア情報

医療・介護専門の臨床アロマを展開するアグライアクリニカルアロマティックラボ株式会社がスクール運営会社のため取引先は介護福祉施設だけでも1500件以上。

主婦やOLさんが介護アロマセラピストとして活躍しています。まずは登録してお知らせがくるように設定しておきましょう。

 

名前、アロマの経験、他校卒業の方はスクール名、年齢、住所(自宅近くの施設などをご紹介できるかも)をメールにてご連絡ください。

・社会的常識のある方

・真摯にアロマ活動に取り組んでいただける方

・メールにてご連絡ください info@aglaia-medicalaroma.com


よくある質問

Q 通学時間は決まってますか?

A 鶴橋校は自由予約制の教室です。こちらは自由に予約を取って頂けるので個別対応が可能です。

 

Q 分割払いはできますか?

A はい可能です。回数はご相談の上決定致します。金利等はかかりません。

 

Q 急な休みはキャンセル料がかかりますか?

A いいえかかりません。他の日時に振替が可能です。

 

Q 実務研修(老人ホーム内アロマ研修)は別途費用がかかるのですか?また回数は決まってますか?

A いいえ無料です。何度も入って頂いてかまいません。月に1度だけなどたまに来られる方、頻繁に参加される方など様々です。

 

Q 主婦なので資格がありません。ヘルパーなどを取得してからの方が良いですか?

A いいえ他の資格は特に必要ありません。現場研修で介護現場を体験できるのでご安心下さい。

 

Q 現場研修の服装などは決まっていますか?

A はい、決まっている場所もあります。だいたい動きやすい服装でお願いしています。


導入施設・医療機関等

介護老人保健施設(老健)管理医師より「ピタッとアロマ®」をご使用になってとても嬉しい感想を頂きました。以下、最近のやり取りのメールをそのまま掲載します。「いただいたピタっとアロマ、ナースコール頻回の方に貼ってみたんです。そしたら、もうびっくりするくらいコールが減って。スタッフもびっくりしていました。」 「先日いただいたピタッとアロマ、昨日お伝えしたようにものすごい効果がありご本人も「もっと使いたい」とおっしゃっています」「先日のピタッとアロマ、ご家族様の同意が得られましたので注文しようと思います。」

障害者施設 支援員 最初は、談話室で数名の方にアロマをしてもらってました。あまり理解してなかったのでハンドマッサージくらいからですが、物足りなくなったり、ご家族からもっとしてほしいと言われたり、来られるスタッフの方がみなさん良い方ばかりのので参加人数と部位を増やして、職員研修もしました。アグライアさんが来ない日は、簡単な芳香やハンドマッサージくらいは職員がささっとすることもあります。しっかりするときはアロマの日です。研修は楽しかったのと私は家族にもできるようになりました。



有料老人ホーム 施設長 担当スタッフ ご入居様、ご家族、職員などもお願いしてます。アロマのシールも活用しています。各職員が貼ったりすると機械が必要ないので楽ちんです。ご入居様も喜ばれますが、一番の楽しみは職員ではないでしょうか?これで身体の痛みがとれた職員やモチベーションがあがった職員などアロマがあることで働きやすい職場になったようです。ニオイの問題があったのですが、こちらも専門的な知識で解決してくれました。

特養 施設長 数年来アロマのレクレーションで来て貰っています。費用がないのでレクレーションとして実施しているので申し訳なく思っています。ただ、レクレーションでハンドマッサージとフットマッサージでも十分効果が現れてて、膝の痛みがなくなりむくみがなくなり歩けるようになった人もいますし、重度認知症の方でもおだやかな生活を送れるようになったりと効果が現れています。しっかりしている方は「今日はアロマの日やんな」といって楽しみにされています。残念ながら香りが分かる人が少ないのがもったいないなと思います。




お問合せ

メモ: * は入力必須項目です